生命保険

生命保険を活用したソリューション

 

法人において財務体質の改善の際、見落とせないのが 生命保険の現状把握と見直しです。 加入時の目的や保障の内容が、現在も目的に沿ったものか? 保障内容に過不足がないか? お客様と一緒に定期的な現状の確認を行い、見直しが 必要な時には新たにご提案致します。

生命保険は、唯一出口で課税が決まる金融商品です。 よって、保全がとても重要です。あなたは出口の課税を気にするアドバイザーから提案を受けられていますでしょうか。 例えば、保障目的の保険であれば、年金受取特約を付しており、 益金を受け取る時期を分散できれば、出てくる益に対して対応できる余裕が生まれます。付していない場合は、一時で受け取ることになり税金で35%支払わなければなりません。よって10億の保険金であれば、 6億5,000万円しか受け取ることができません。 死亡事故が発生してから受け取り方法を年金受取に変更しても、税務上は一時の受取りと見なされ ます。 税財務の知識と金融商品の商品理解を十分に兼ね備えているアドバイザーが必要不可欠なのです。

 

法人のお客様

 

 

 

 

個人のお客様

 

上記のことについて相談希望の方はお気軽にお問い合わせください。
当社が提携している生命保険会社は以下のとおりです。

 

 

 

 

SERVICE

TOP